種類いろいろ有料老人ホーム

有料老人ホームを知らない、というヒトは今ではあまりいませんが、知っているようで知らないことが多いのも事実です。

ほとんどの方は「特養ホームとかに入れない時に、探して入るところ」という認識なのではないでしょうか。
有料老人ホームには、入居時の要件として、「入居時自立」のホームと、「入居時要支援・要介護」のホームがあります。

特養ホームなどに入れない時に、検討するのは後者の「入居時要支援・要介護」のホームになるわけです。



こちらは、本人というよりも、家族がホームを探して決めることがほとんどです。

これに対して「入居時自立」のホームは、身の回りのことが自分でできる方が対象となりますから、本人が探して、自分で決めることがほとんどです。

お元気なうちに入居して、自由に生活している中で、家事などができなくなってきたら、介護保険サービスを使って、なるべく長く自分の部屋で住み続けられるようにするのが、入居時自立型のホームです。
もう一つ、有料老人ホームには「介護付」と「住宅型」があることも知っておく必要があります。



「介護付」は、簡単にいえば、ホームの職員から介護保険のサービスを受けることができるホームで、これに対して「住宅型」は、ホームの外の介護保険のサービスを受けるホームになります。



もちろん、「介護付」の方が安心といえるのですが、有料老人ホームの中では、「住宅型」の方が多いです。

以上、1.入居時の心身の状態が自立か要支援・要介護か、2.ホームの職員が介護保険サービスを提供できるか、外部のサービスを使うか、の違いをよく理解した上で、ご自分に合ったホームを探して下さい。